gototopgototop
青少年の日常生活と健康
English

研究概要

青少年の日常生活と健康 ホーム > 研究概要

研究目的

近年の生活環境・様式の劇的な変化に対し世界保健機関(WHO)は、成人に比べて脆弱な小児期の環境からの曝露が脳腫瘍など悪性腫瘍の発症に及ぼす潜在的影響の調査を勧告しています。この研究の目的は、青少年を取り巻く日常生活と脳腫瘍の発症リスクに関連があるかを「症例対照研究」というデザインで調べることです。

研究方法

この研究では、脳腫瘍の患者さん100人と虫垂炎の患者さん200~300人に参加をお願いしています。
【研究協力事項】
① 事前記入シートを記入して提出してください。
② 熟練したインタビューアーによる面接調査(60分程度)

問い合わせ先

お問い合わせフォーム研究代表者:山口直人   
住所:〒162‐8666 東京都新宿区河田町8-1
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学第二講座
FAX番号:03-5919-4677